ベルクソン哲学研究会ブログ

3月 31, 2010

ベルクソン哲学研究会用ML(メーリングリスト)について

Filed under: Uncategorized — hiraiya @ 8:36 am

ベルクソン哲学研究会連絡用のメーリングリストができました!

移行期間を設けつつ、研究会のご連絡・アンケートなどもメールに移行していく予定ですので、ぜひご登録ください。

berutetsuken.net の「その他」のページに登録フォームを設置してあります。

広告

第27回ベルクソン哲学研究会@京大

Filed under: Uncategorized — hiraiya @ 8:32 am

せっかく写真を撮ったので、ブログを作って載せることに。

どうも、管理人のひらいです。

さる3月28日。日曜日。第27回ベルクソン哲学研究会が京都大学にて開催されました。個人的には、フランス滞在を挟んでしまったので一年半ぶり。懐かしの我が家に戻ってきたようなリラックス感。

最初は人数が少なくて心配していましたが、だんだん増えて、結局20数名の参加。

冒頭は若い院生の方の発表。『物質と記憶』の要約的な発表。独自の用語解釈など織り交ぜられていたこともあって、会場からも質疑・指導的提案などが矢継ぎ早に。たしかにいろいろ生煮えなところはありましたが、聞けばMMを読み始めたのが1月からとか。すごい!

二本目は教育関連の発表で、秋に控えた学会発表の下ごしらえ。学会にグイエを紹介するのが目的だそうです。当初はご本人も発表を躊躇されていましたが、会場からは的確な質問が数多く出されていたように思うので、うまく取り込んでいけるといいですね。

三本目がシモンドンとベルクソン。大変おもしろかったです。個人的には、思想的な親近性には還元しきれない(と思われる)方法論的な差異が、ベルクソン自身に跳ね返ってきて興味深かったです。結局、物質がいかに生命を創発するのかという問題と、生命がいかに物質を創発するのかという問題が、互いにどう関係しているのか、という問題。

懇親会は、たいへん賑やかで、ベル哲研の懇親会って、こんなだったっけ?っていうくらい普通にどんちゃん騒ぎな展開になってました。

楽しうございました。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.